take_87’s blog

AHKの備忘録と日記を書いています。

ショートカットキーを増やさない

ファンクションごとにまとめると使いやすいです。

A-S-t  (Alt+Shift+tキー)

A-t  (Alt+tキー)

などのように、Alt, Shift, Ctrl, Winの組み合わせを使ってショートカットをたくさん作るとこができます。

でも、絶対自分で作ったショートカットキーは忘れてしまうので、たくさんバリエーションを増やすのはやめた方がいいです。

使わないものを増やすことは、便利なように見えて、不便を生みます。

 

ファンクションキーもCtrl, Shiftなどを組み合わせるのは結局押すボタンが増えるのであまりいいとは思いません。

私がファンクションキーとして使うのは、Ctrlと変換キーです。

CtrlキーはLinuxでのショートカットキー、Emacsのショートカットキーで使い慣れているためです。

そして、変換キーは右手の親指で押せるからです。(押しやすさ重視)

(ちなみに無変換キーは全角/半角キーを割り当てています)

 

次の記事で、ショートカットキーを増やす工夫を書きたいと思います。

くれぐれも、おれおれショートカットキーだけは増やさないでほしいと思います。